注、これは小説ではなくゲームのほうを参考に作っています。それを了承した上で読んでください。





 仲のいい二人
 





 ろうそくの淡くやわらかい光が部屋に明かりをともしている。
 その光だけの少し薄暗い部屋に二人の若い女性が座っている。

 一人はどこか気が強そうではあるが、整っている顔立ちをしている。もう一人は少し幼さを感じさせる柔らかな顔立ちをしている。二人ともまだ20には届いていない年齢であるようにみえるが、その大きな胸が十分に女性であることを感じさせる。
 二人とも顔立ちはだいぶ違うが美人であることは異論がる人はほとんどいないであろう。二人は乳姉妹であり、名前を伊万里と上乃という。



「伊万里、だめじゃない。久しぶりに九峪様に会えたんだから二人きりになれるチャンスだったのに」


 枇杷島での戦闘の後、九峪が久しぶりに伊万里を誘いに来てくれたところ、伊万里が上乃を一緒に連れ出したのだ。
 九峪は違う世界から神器である天魔境の精であるキョウによって、つれてこられてきたもので、元の世界に戻るために神の使いを名乗り、火魅子を即位させるために邪麻台国を復興させようとしている男である。


「いいのよ、上乃。九峪様も何も言わなかったでしょ。そんなに気にしなくていいのよ」

「だめよ、伊万里。ただでさえライバルが多いのにそんなこと言ったら九峪様誰かほかの人にとられちゃうよ」

「何度も行っていると思うが、私は私らしくそれでいいんだ。それに無理にそんなことして、私がうまくいかせられるとも思えないしな。九峪様も楽しそうにしてたじゃないか」

「もう、伊万里はあいかわらずに堅いんだから。それが伊万里のいいところでもあるんだけど、星華様や藤名様とか押しが強い人が多いんだから、もっと伊万里も積極的にならなきゃだめよ」


 伊万里は毎回ともいえる恒例となったやり取りを繰り返しているなか、以前とは上乃の様子が以前とは異なっていることにに気づいていた。


「ねえ、上乃。あなたがこんなに積極的に応援してくれるのは、あなたが九峪様をあきらめたから、私に九峪様とくっついてほしいの」


 上乃が伊万里と久峪のことをからかうのは出会った当初のころからである。
 久峪とであった初めのころから上乃はふだん凛としている伊万里が慌てる珍しい姿を見ることに執念を燃やしていた。

 しかしながら最近はからかうというよりも上乃の様子が真剣になってきていることに伊万里は気づいていた。
 そしてなにより九峪様を見る時の目が変わってきていることを知っていたのである。
 伊万里はどう切り出そうかとなやんだが、結局真正面から話すことにした。
 これが上乃や亜衣さんもしくは久峪様ならばもっとうまく話すことができるかもしれないと考えたが、伊万里は自分ならば変に話し方を考えるよりはそのほうがうまくいくと考えたからだ。


「な、なにを言ってるの、伊万里。私が九峪様のことが好きだなんてそんなことあるわけないでしょ」

「上乃、私が気づかないとでも思ってたの。私たちはずっと一緒だったんだからそれぐらいはわかるのよ」

「伊万里の勘違いよ」

「上乃!!!」


 それでも上乃が否定の言葉を続けようとするのを、伊万里は一声で制した。


「なによ、私は九峪様が好き。でも伊万里と違って王族でもないしただの山人である私が、九峪様と付き合えるわけないじゃない。だから伊万里に幸せになってほしいと思ってなにがいけないのよ」


 ばしーん。

 上乃が言葉をつむぎ終える少し前に、小気味の良い音が部屋に響き渡った。


「馬鹿ね、九峪様がそんなこと気にするわけないじゃない。人には素直になれと言っている割にはずいぶんと意気地がないのね」


 上乃はほほに手を当て、しばらく呆然としていた。
 そして上乃はゆっくりと立ち上がる。その目には確かに光が以前よりも鮮やかな光を放っていた。。


「ねえ伊万里、ずいぶん好き勝手言ってくれたわね」

「ええ、ずいぶんと聞き分けない妹を持ってしまったからね」

「いってくれるわね。覚悟なさい、九峪様は私がもらっちゃうんだから」

「望むところよ。負けはしないわよ」


 しばらくの間、そういってにらみ合っていたが、どちらともなく二人は急に笑いだした。


「ねえ、上乃。九峪様をどうして好きになったの」

「そう本当に私は九峪様はいい人だとおもうけどはじめはまったくそんな気持ちはなかったのよ。久峪様は格好悪いとは言わないけど美形とはいえないでしょ。それに優しいところもあるけれど、九峪様だらしないし、助平だし」

「でも好きになったと」

「そうね、一緒にいて伊万里を応援したりしてたら、いつの間にかに好きになってたわ。だから、伊万里のせいね」

「なによ、それは」

「でも九峪様も不思議な人よね。こんなにもてるほどいい男とも思えないんだけどな。そうだ。ねえ、伊万里久しぶりに二人で狩に行かない」

「そうね、いいわね。だいぶ狩をする時間なんてなかったものね」

「そうだ。今度、九峪様も誘っていきましょ」

「いいわね。でも上乃も参戦するのだから、私は遠慮して二人きりにしなきゃいけないのかしら」

「いいのよ。どうせなら二人で迫っちゃいましょ。それなら優柔不断な九峪様でもいちころよ」

「そうかしら?」

「そうよ。こんな美女二人に迫られて断れる男なんていないわよ。それに星華様や藤那様とかたくさんライバルはいるんだからこういうところで点を稼がなきゃ。そうと決まれば早速計画立てましょ」

「ほんとに上乃ったら現金なんだから」

「そうよ。でもそんなの今さらでしょ。伊万里」
 
 上乃が豊かな胸を張って威張ったような表情を見せる。
 伊万里はあきれたような表情をしていたが、またどちらともなく二人は笑い出した。


 このようにして二人の楽しそうな話し合いは深夜遅くまで続いていった。



 後日、二人は見事久峪を誘い出して三人で狩りに行ったがそれが星華達にばれて久峪はぼろぼろにされたが、それでもどこか満足そうであったと目撃した閑谷は述べている。
 
 二人が其の狩りで見事獲物を手に入れられることができたかどうかはまた別の話。







(あとがき)
 これはNight Talkerに以前投稿した作品です。
 少しだけ投稿したものから誤字等を直しました。

 毎回誤字なんかを他の人が私が掲載している作品から見つけるたびに思いますがどうにかもっとうまく作らねばと思います。さすがになくなったと思いますが。

トップに戻る。  小説のページ

広告 [PR] 再就職支援 スキルアップ アルバイト 無料レンタルサーバー